トップページ | 2017年7月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

フリーターの問題

フリーター人口を見ていきますと、総務省の発表では、2009年から見ますと、6年ぶりに増加して、178万人、男性81万人、女性は97万人で、男女とも増加に転じていました。

2010年以降、183万、184万、180万、182万、2014年は179万人、2015年は167万人、前年比で12万人減少し、男性78万人、女性は89万人で、男女とも減少しています

直近の2015年では大幅減となり、特に女性フリーターが大きく減少したのは、女性の雇用市場が大きく改善され、パート・アルバイト以外の雇用形態へとシフトした結果として、フリーターが減少したものと考えられます。
フリーターの仕事は給料が安く、正社員と比べて平均年収は3倍以上の格差があります。

高校卒業後に働き始めた、正社員の生涯賃金が2億円になるのに対し、フリーターのままだと6,000万円と、3倍以上もの格差ができます。
大学卒業者は、正社員の生涯賃金が2.5億円になりますから、フリーターに対し、4倍以上もの格差ができます。

給料の額だけでなく、将来の年金受取額にも差が生じ、勤務企業によっては企業年金も上積みされますが、フリーターを続けていると国民年金しか受取れません。

アルバイトだからといって仕事を軽く見るのではなく、どんな働き方をしても仕事にまじめに取り組む姿勢が求められているのです。
正社員登用可のアルバイト求人も多くあるので、正社員を目指す人の一つの選択肢となります。

2016年6月22日 (水)

景気とアルバイト

日本経済もこれまで、リーマンショックやギリシャの信用不安などによる、世界経済の混乱のため、なかなかの問題でしたね。
最近の景気については、マスコミなどでは、景気は上向きだの、景気は回復基調だのと報道されていますが、実際に生活している立場からすれば、イメージとしては景気はあまりよくなく、生活は大変と思っている人の多いのが実感ですね。

そのため、正社員であっても給料やボーナスも手詰まり感で、本業のほかに副業としてアルバイトをしている人も少なくありません

大学卒業の就職率を見ていきますと、2011年春卒業 91.0%と最低の記録でしたが、2015年春卒業の就職率 96.7%と年々改善され、2016年春卒業では、 97.3%とこれまでの最高だったリーマン・ショック前の、2008年 96.9%をも上回り、1997年以降で最高となりました。

高校生については、2016年春卒業時点の就職率は97.7%で、2015年の97.5%より0.2%改善され、6年連続で改善という結果となっております。

とはいえ、自由を求めたり、就きたい職業などの夢に向かって、アルバイトをする若い人も多いのですが...。
フリーターの増加、正社員になれないために、低所得による生活苦の問題もあります。
正社員となれないことで、結婚や出産をあきらめていることも、少子化の原因の1つでしょう。
アルバイトを取り巻く環境は、社会状況の変化とともに大きく変わります。

2016年6月20日 (月)

新社会人のアルバイト探し

今や社会人になってもアルバイトを始める人が多くいます。
お小遣い稼ぎの人もいますが、一人暮らしを始めて給料だけでは厳しいので、アルバイトをする人も多いというのです。

しかし、アルバイトは単にお金を稼ぐだけのためのものではありません。
アルバイトで得た知識・経験・人脈は、今後の社会人としての大きな武器となります。
おとなしかった人が接客のアルバイトの経験により、人前で大きな声を出せるようになって、明るく振舞えるようになったということもあります。

もちろん、アルバイト先では仲間と意見が合わないなど、いやな面もあるでしょう。しかし、それもこれから社会に出て行く上で、意見をどのように伝え、主張していくか、合わせていくかなどを学ぶ良い機会です。
また、これまでお客として店に来ていた立場から接客側に立つことで、見えてくるものがあります。アルバイトを通じて商売の面白さを実感して、それを現在の仕事に活かしている人も多くいます。

アルバイトは若い人にとっては、大きな人生経験となる大切な時間です。
たくさんの求人の中から自分に合ったアルバイトを探すのも1つの経験です。

それは、これから長い人生で、自分に合った職や会社を探すのに役立つでしょう。
今、ネットでも多くの求人情報が溢れていますが、大手求人サイトであれば、効率よく安心してアルバイトを探せると思います。

トップページ | 2017年7月 »